img_02

無添加の野菜が大人気です

最近、無添加の野菜が人気です。
普段私達が口にしている食品添加物とはどういうものなのでしょうか。


あまり良くない印象があるかもしれませんが、食品添加物が無ければ私達の食事はとても味気ないものになってしまいます。

その一方で、無添加食品が注目を集めており、特に野菜は大変人気があります。

体に良い印象があり、健康食品と同義とみなしている人も多いことでしょう。

では、無添加とは具体的にどういうことなのでしょうか。食品添加物とは、いろいろな食品を製造するときに使われる物のことです。



製造だけでなく保存する時にも使われます。



崩れやすい食品を固めて形を整えたり、味や色を付けて見栄えを良くしたりするために使われます。
また、長期保存を可能にしたり、栄養成分を増やしたりするためにも使われます。

一般的には、着色料や保存料、甘味料、香料、酸化防止剤と呼ばれるものが食品添加物に相当します。


食品添加物は最近あまり良いイメージを持たれていませんが、決して全ての食品添加物が体に良くないというわけではありません。しかし、やはり無添加食品の方が安心して食べられる考える人は多いです。

人の体は食べた物の成分から出来ています。
これは普段意識していませんが、とても当たり前のことであり、とても大切なことです。

私達の体は、口から入るものが材料になって形成されているのです。

だから、良いものを食べるということは、よい体を作るということに繋がるのです。
無添加の野菜が人気なのはそういう理由によるのです。